肌を老化させる間違った美肌化粧品の使用法

肌のケアは大事ですよね。その中で、一番重要になってくることは、自分の肌に合った基礎化粧品を選ぶことです。間違った方法でケアを行うことにより、肌を老化させてしまう原因となってしまうので正しい方法を身につけましょう。
・刺激の強い化粧品は避ける
肌のバリア機能が低下するのは40代と言われています。刺激の強い成分が含まれているものを使うことにより、肌に負担となってしまい、肌の状態が悪くなり老化を進行させてしまう可能性があります。自分の年齢に合った刺激の少ない化粧品を選ぶようにしましょう。また、化粧水や乳液、パックなど美容グッズなども沢山ありますが、好奇心があり、様々な商品を選ぶよりも、自分の肌に合ったものを使うことが大切になってきます。実際に肌のバリアが低下する時期は、敏感肌や乾燥肌の悩みを抱えてしまうことがありますが、無添加化粧品を使うことにより、肌への負担を抑えることが出来ます。
・洗顔料とアンチエイジング
毎日使う洗顔料と化粧水はアンチエイジングの場合は、特に注意して商品を選ぶようにしましょう。洗顔料は洗浄力よりも刺激が少なく、潤いを保つ事ができるタイプふぁお勧めできます。肌を摩擦したり、刺激を与えるスキンケアは、40代では肌の老化を進める原因となってしまうのdえ、洗顔料や洗顔方法を変えるだけでも若返り効果を期待することが出来ます。
・失敗しない化粧品の選び方
何よりも重要になってくるのは、自分の年齢にあった化粧品を見つけることが大切になります。しかし、使っていない商品は自分にあうかどうかもわかりませんが、最近では、トライアル化粧品も当たり前のようにあるので、トライアルで試して、肌に合っているかどうか確かめる必要があります。実際に、高いものを購入しているという人も多いのですが、高いからよいというわけではありません。何よりも重要になってくるのは、自分の肌に合うかどうかということです。
今の、時代はたくさんの化粧品が販売されていますが、重要なポイントとしては、年齢に合った化粧品を選択することにより、不足してしまう成分を補うことが出来ます。毎日使うものなので、信頼と自分の肌に合ったものを選んでくださいね!

鼻の毛穴すっきりパックは使いすぎに注意!

鼻の毛穴が気になっている人は多いと思いますが、パックをする人も多いと思いますが、パックの使い過ぎは良くないってしっていましたか?今回はパックのデメリットを紹介しますので参考にして使い方を考えてくださいね。また、毛穴のケア方法も紹介します!

・角質が剥がれて潤いが逃げる!
貼るタイプの花パックは粘着力はとても強力で、剥がし方により、毛穴の汚れだけでなく、潤いを保つために必要な皮脂や角質まで剥がしてしまうことがあります。角質は肌の表面にあり、外からの刺激から肌を守る役割と肌が持っている水分の蒸発を防ぐ役割を持っているのです。パックと同時に角質が剥がれてしまうことにより、水分が外に逃げてしまうので、乾燥してしまったり、ダメージを受けやすい肌になってしまいます。また、肌荒れや赤い炎症、かゆみなど肌のトラブルが多くなってしまうのです。

・皮脂の過剰分泌で毛穴が広がる
肌にある皮脂は潤いを補うための役割があるので、皮脂を必要以上に失ってしまうと過剰に皮脂の分泌が行われてしまいます。その結果、過剰に分泌した皮脂はテカりやニキビ、毛穴が広がる原因となってしまいます。鼻パックを高頻度で行うことにより、毛穴はドンドン大きくなってしまい、黒ずみなどが目立ってイチゴ鼻になってしまう場合もあります。鼻パックを使ったあとは、きちんとケアを行うようにしましょう。そのままの状態にしておくことにより、炎症や化膿などをしてしまうケースもあります。

★正しい使い方★
貼るタイプの鼻パックはたまに使うにはお勧めできるアイテムです。使う頻度ですが、月に1回がお勧めで、気になって仕方ないという人は、2週間に1度のペースで使うようにしましょう。
①=クレンジングを行って洗顔してからパックを使用します。
②=蒸しタオルを鼻にのせて、毛穴を開かせてる。入浴後でもOK
③=使用説明書に従って、肌をまんべんなく濡らした状態でパックしましょう。
④=パックに湿りが残った状態で、外側からゆっくりと剥がして行きます。
⑤=冷水でアフターケアする。
という方法でパックを行うようにしましょう。
注意点としては、乾燥してしまい剥がしすことにより、肌へ負担を掛けたり、角質や皮脂まで剥がしてしまうので、乾燥している場合には、お湯などで溶かしながら落とすようにしましょう。

鼻のケアは難しいですが、きちんと正しい方法で行うことにより、肌を守ることが出来ます。しかし、間違ったやり方だと逆効果になってしまい、肌の悩みを抱えてしまう結果に繋がってしまいますので正しい方法を身につけてケアを行っていきましょう。

リメリーの効果がヤバい!※使用体験レポートはこちら!

便秘薬の使いすぎは自然排便の流れを悪くしてしまいますよ!

日本人は、便秘に悩む子がたくさんいます。
便秘に悩んでいたら、苦しいので、早めに何とかしたらいいかもしれません。
便秘薬を毎日飲んでいる人もいます。
あなたも便が出ないから、便秘薬を毎日飲んでいるのではないでしょうか?
便秘薬は体に良くないから、年中飲んでいたら、やめなくてはならないでしょう。
友人には少しの量ではきかなくなったので、たくさん便秘薬を飲んでいる人もいます。
初めは、少しの量で効果があったのに、だんだん少しの量ではききめがなくなってしまうのが便秘薬の怖いポイントです。
薬は何でも、慢性になってしまうのでよくないね。

もう少し、薬には頼らなくてもいいように、できることから始めていくことがいいでしょう。
薬に頼っていたら、どんどん飲む量が増えてしまうので危険です。

1番大事なのは、自分が便秘をしていたらそれが体にはよくない!
ということを自覚することです。
頑固な便秘なのに、それが大したこともない!
と、考えている人が大勢います。
頑固な便秘は体にも悪影響が大きくあるので、解消しなくてはならないものだからです。

自分も何かいい方法はないかなと思うので、ネットで検索してみたいです。
便秘がなくなったら、腸の健康には最高にいいと聞きますから…。
大腸がんとかも便秘になっていたら、発症しやすいから、解消をしなくてはならないです。
大腸がんにはなりたくないから、ケアーをやっていくことが大事かなと考えています。

風邪をひいたときに私が飲む風邪薬を紹介します!

自分は年中風邪をひくので、昔は、セデスとか飲んでいました。
けれども、セデスは副作用も大きくあるので、飲まない方がいいと聞きました。
薬は、体にはよくないらしいから。
でも、風邪をひいたらつらいので、どうしたらいいか悩んだらいい薬があったのです!
それは、漢方薬です。

葛根湯は、いい漢方薬です。
セデスはやめて、葛根湯を飲んでいます。
友人も風邪をひくので、風邪薬には悩んでいます。
葛根湯がいいかも!
と紹介をしてあげました。

友人は、漢方薬はきかない!
といいます。
自分は漢方薬でも効果があるので、きかないとは思わないのですが、感じ方はひとそれぞれ違います。
漢方薬は西洋薬のように強くはきかないのですが、その分身体にはいい働きがあるのです。
しばらくは、葛根湯を飲みます。

本当ならば、風邪などひかないように、体質改善をやったらいいらしいです。
多分、体が強くないから、年中風邪をひくのでしょう。
子供の時から熱を出して、学校にも行かないこともあったので、虚弱なのかな?

健康になるための体質改善は、どんな方法でやったらいいのでしょう。
分かりません。

葛根湯はしばらくは欠かせないものになりそうです。
葛根湯以外にも、何かいい薬があったら、飲んでみようかな?
正直、薬代もばかにはならないです。
薬も高いと、何千円もします。
貧乏人の自分は、薬を買うのも正直つらいです。
まあ、体のことですから、文句も言えないなとは思うのですが!
薬にお金がかかるので、飲みにもいかれないよ~!

パキシルという薬は副作用があるので注意が必要!

現代社会はストレス社会といわれるほど様々なストレスがありますよね。

ボクは今はサラリーマンとしては働いていないのですが、
昔はサラリーマンとして働いていたのです。

そのときのストレスといったら本当にハンパではなかったのをよく憶えていますよね。

特に上司との人間関係。

その上司が自分の性格とマッチしているのであれば問題はないと思うのですが、
人間の性格ってのはいろいろですからね。

全ての人間とウマが合うなんてことはなかなかないのですよ。

それで、

ボクの場合はことごとこ上司と性格というか、ウマが合わなかったのを今でもよく憶えています。

一人目は平野さんという上司。

人間的には悪くはないのですが、非常にネチっこい人で
相手をするのがとても大変だったのをよく憶えていますね。

そんな人が上司だったからボクの日ごろのストレスもハンパではなかったのをよく憶えています。

そんな日々をすごしていたらいつしかうつ病にかかってしまったのです。
足立区のとある心療内科に駆け込んで診察してもらったらパキシルという薬を処方されました。

この薬はうつ病、抗うつ剤として非常に有名なのですが、一方で副作用があることでも知られていますよね。

副作用がでるタイミングというのは、この薬の使用をやめたとき。

 

急に凶暴になったり、いわゆるてんかんのような症状があるって聞いたことがありますからね。
ということで、極力この薬は使わないほうがいいのです。
それよりボクがオススメするのがマインドガードという飲料。

いわゆるサプリメントという部類に入るもので薬ではないので、これのほうが全然オススメなのです!